2018長月の句

あっという間に10月も晦日。長月も終わりになすぐ終わりとなる。

歳時記とインターネットから句を拾ってみる。
 十月のしぐれて文も参らせず 漱石
 十月や竹の匂ひの酒を酌む 勲

 長月の竹明りなる曼荼羅図 玉緒

 子等に試験なき菊月のわれ愉し 登四郎
わたしも何とか

 長月やあと幾日の勤め人

 菊月や紅茶の香際立ちて

 十月の走り根の道峠まで

Dsc02290









Dsc02166_1
















 気取り屋のタップダンサー後の月

 なんて句もあります。







 





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/67333047

この記事へのトラックバック一覧です: 2018長月の句:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。