« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月22日 (火)

百蔵山とついでに御前山ハイキング

先週土曜日は、大学のワンゲルOB会の定期山行で、百蔵山ハイキング。

中央本線沿線の山は家から近く、それじゃあ参加せねばということで、急遽参加。
猿橋に集合したのは、80代から40代の男女27名。
バスで、福泉寺まで行き、少し舗装路を歩くと山道に。
途中、林間の富士山を見たりして、少し急登となると尾根に出る。そこからしばらくで山頂。眺めが良い。
昼食を各自取って、きねんさつえい、下山。
下りも、結構急な下りでしかし、歳をとっても昔の山男山女、皆さん足取りも確かに悠々下山。

Dsc02503


登山道途中にあった小さな不動尊









Dsc02506_1


百蔵山 山頂からの富士山









Dsc02509_1


下山して百蔵山を振り返る











ここで、鉱泉に行く組と帰る組に分かれ、私は、鉱泉(小さな鉱泉で4人も入ると一ぱいとのことだったので)は遠慮して、かといって猿橋には呑むところもないとのことで、とりあえず駅まで。
駅についても、まだ14:30駅にあった地図を見たら、九鬼山へ行く途中にある御前山なら明るい内に行って帰ってこられそうだったので、そこへ行くことにした。

登り道は、短いが急登もあり、トラロープが張られている岩交じりの道もあってなかなか楽しい。
ようやく尾根に出ると、御前山・xx山の道しるべ、ちょうど九鬼山方面からやってきた女性二人に、御前山を確認して山頂へ。

Dsc02512_1


御前山山頂は、岩場で展望が良い。









Dsc02513


御前山山頂から再び富士山











かえりは、元来た道を戻り、猿橋へ電車を待つ間に、ちょうど鉱泉組が駅に戻ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

某岩場 4級

先日の日曜に某岩場に行った。
ここは、知る人ぞ知る岩場だが、結構脆い岩だし、日も余り当たらないの。しかし家から近いし、普段は人も少ない。

この岩場にある、トラバース課題をやっているがなかなかできない。そのトラバース課題の終了部分にあるのが、下から登って4級といわれるこの課題。実はまだ登れていなかった。
日曜に、岩場に着くと私の知る最高齢のボルダラーが、その4級課題をやっていた。一緒にいた若い人は、岩場の左にある初段。

私は、トラバースだが、とりあえず右端の4級を一緒にやらせてもらう。
何度かトライすると、ようやくコツがわかりだしようやく完登。
一緒にやっていた人は辛めの4級という。以前開拓者に聞いた時も、4級のわりにずいぶん苦労したと言っていた。とにかく、良かった。

Dsc02501_1

写真は、一緒にトライしていた方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019初乗り

今年の初乗りは、ようやく1月12日。
正月休みに乗らず、その次の土日にも乗らずということでこの日に。

コースは、
自宅-北野街道-高尾-大垂水峠(往復)-淺川土手-湯殿川-自宅

走行38.8㎞ 平均19.8km/h 獲得標高 641m
今年ものんびりサイクリングです。

Dsc02494_1

Dsc02497_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

登り初め

2019年の上り初めは、湯村山。
御嶽のチッピングで、登り納めも登り初めもこの何年間とは変わった。
御嶽のチッピングをした人間に憤りを感じる。忍者返しも、蟹も、勅使河原…も課題は消えた。
人が加工した課題は、ジムだろう。

ということで、とある岩場で知り合ったKさんと湯村に。

看板課題の2段の横にある、4級・2級をKさんが登り、私は出来ず。
2段は、ルーフの出口を立ちスタートでやってもできず。

Dsc02490_1

写真の岩の木の影の左にある顕著なポケットでスタートする課題。左手ポケット(推定4級)のみ完登。Kさんは、ポケット右手スタートで、推定1級(最も、足上げの一手のみが大変)も完登。
今年は、もう少しジムに行って力をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »