« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月23日 (木)

探梅行

大寒も過ぎ、段々暖かさを期待する春隣の季節だが、どうも今年は早くも菜種梅雨のような雨勝ちの気候が続く。

先日の日曜は、良く晴れた日だったが前日に雪が降ったので、予定していた岩に行っても濡れていて登れないだろうと考え、家人と探梅行にいった。
場所は、家からほど近い津久井湖城山公園。
ここは、遊歩道が整備され雨のあとでもぬかるんだ道を通る必要がない。人工的といえばまさに人工的なまるで橋を辿るようなところだが、まあ良しとしよう。
梅は、紅梅がチラホラと咲き出していてまさに探梅に相応しい。
梅の木にはルリビタキもやって来ていた。
しかし、あまりにそれらしく句ができません。
Imgp5490-1
Imgp5491-1
Imgp5496-1
Imgp5498_20200123171701




 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

初乗り

成人の日の今日は、自転車初乗り。

コースは、

自宅-相原十字路-町田街道-境川-尾根緑道始点(終点あさ?)-尾根幹-多摩ニュータウン通り-多摩サイ-旧20号-谷保天満宮-多摩サイ-浅川土手-北野-湯殿川-自宅

走行 55㎞ 平均20.2km/h 獲得標高 443m

谷保天満宮では、持参した御朱印帳に御朱印をもらってきました。

Dsc03022-1

 Dsc03028-1
Dsc03023-1

| | コメント (0)

YMYボルダ―

一月の三連休初日の土曜に、YMYボルダーに行った。
金曜に、仕事先の新年会がありホテルに泊まって翌日少し飲みすぎの感はあったがまあ良しとした。
ホテルで少しのんびりして、ボルダーに着いたのは10時過ぎ、割れた卵岩に先行者がいたので、少し話す。その人は山梨の人だが少し離れた地域の人で、暖かなで静かな岩を求めてやってきたようだ。わたしが上の岩場に行くというとあまりよく知らないので少し案内してくれないかということで、一緒に上まで行く。
とりあえずは、遊歩道で上がり、途中の以前登ったことのある岩、東屋手前の岩などを教え(?)る。
東屋から、岩のエリアに行くが方向を少し間違えて一旦荷物を置いてうろうろする。
結局、以前触ったことのある3級の岩を見つけ、位置確認。2段のルーフとその横の4級2級の岩を紹介(?)する。

その人は、割れた卵岩に戻るというので後で私も行くといって、少し上の岩を触る。 Dsc03020-1
簡単そうな岩にシットダウン課題を設定してやってみる。だが、直上の上部が、なんだかホールドだらけのわりにのペットしたホールドで、結局右の棚に足場をとって右抜けで、6-7級として終了。直上で4-5級程度です。
割れた卵岩に戻ると先ほどの人が居たので、webに出ているトポを見せてもらい、3級、2級と触る。Dsc03021-1
しかし、結果はうまくいかず。4時くらいに終了して家に帰る。
Iさんありがとうございました。


 

| | コメント (0)

YMYボルダ―

一月の三連休初日の土曜に、YMYボルダーに行った。
金曜に、仕事先の新年会がありホテルに泊まって翌日少し飲みすぎの感はあったがまあ良しとした。
ホテルで少しのんびりして、ボルダーに着いたのは10時過ぎ、割れた卵岩に先行者がいたので、少し話す。その人は山梨の人だが少し離れた地域の人で、暖かなで静かな岩を求めてやってきたようだ。わたしが上の岩場に行くというとあまりよく知らないので少し案内してくれないかということで、一緒に上まで行く。
とりあえずは、遊歩道で上がり、途中の以前登ったことのある岩、東屋手前の岩などを教え(?)る。
東屋から、岩のエリアに行くが方向を少し間違えて一旦荷物を置いてうろうろする。
結局、以前触ったことのある3級の岩を見つけ、位置確認。2段のルーフとその横の4級2級の岩を紹介(?)する。

その人は、割れた卵岩に戻るというので後で私も行くといって、少し上の岩を触る。 Dsc03020-1
簡単そうな岩にシットダウン課題を設定してやってみる。だが、直上の上部が、なんだかホールドだらけのわりにのペットしたホールドで、結局右の棚に足場をとって右抜けで、6-7級として終了。直上で4-5級程度です。
割れた卵岩に戻ると先ほどの人が居たので、webに出ているトポを見せてもらい、3級、2級と触る。Dsc03021-1
しかし、結果はうまくいかず。4時くらいに終了して家に帰る。
Iさんありがとうございました。


 

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

登り初め

2020年 登り初めはとある岩場。
結果は、惨敗。

登り納めよりもひどい結果で沈みました。

まあ、そうはいっても1級初段2段ばかりやっていては実力を過大評価していると言われそうです。

今年もよろしく。

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »