« 梅の木峠 | トップページ | COVID-19緊急事態宣言解除とはかかわらずサイクリング »

2020年5月26日 (火)

近頃思うこと

COVID-19 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も昨日解除されたが、恐らく他国から見て日本には不思議な現象が多々あると思われる。

その一つが、長らく続く財政危機にも経済が破綻しないこと。そして、今回の緊急事態宣言の不可思議さ。
どうも、これは、たんす貯金の伝統と、日本的な人との距離の置き方の影響だろう。
どちらも、つまるところお上は信じない。政府は頼りにならないということが根底にあるような気がする。

経済政策は、破綻しているが人はたんすにお金をしまい込んでいざという時に備える。江戸では火事の多発もあり、宵越しの金は持たないなどと言われていたが、これは持たないではなく貧乏で持てないだろう。持っている人は蔵を立てて自分で守る。

生活圏は、小さくまとまり他者(よそ者)とは距離を置く。村の思想です。気心のしてているどうしは仲良くするが、良く知らない人とは一定の距離を置く。したがって、初対面で握手もハグもない。さらに、異常と思うほどの清潔好きが蔓延しているが、これは決して伝統的でなく、新しい傾向だと思います。
かててくわえて花粉症の効用でマスクが日常的な時期にCOVID-19がやってきたので、感染対策はすでに半分行われていた。

さて、今回の出来事であらためて地方自治の重要性に気が付きました。あるいは、中央政府の決断力のなさというか、官僚の能力不足でしょうか。。。

あと一年くらいは、一喜一憂が続くのでしょうか?

Dsc03249

|

« 梅の木峠 | トップページ | COVID-19緊急事態宣言解除とはかかわらずサイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅の木峠 | トップページ | COVID-19緊急事態宣言解除とはかかわらずサイクリング »