« 信濃大町から直江津 その2 | トップページ | 終末のサイクリングとボルダリング »

2020年11月 1日 (日)

信濃大町から直江津 その3

さてさて、社会的距離を空けた宴会が明けた日曜は、ホテルからあいの風とやま鉄道まで走り糸魚川まで輪行し直江津を目指すという計画だ。本来は泊駅まで行こうと思っていたが、入善駅が近いのでそちらへ向かう。
駅までは、前日の雨も上がり快適な下り基調。
入善駅に着くと、15分ほどで列車がある。糸魚川までの切符を買ってあわてて輪行袋に入れ、駅の売店の(?)女子に落とし物ですと言われ、ついにはこちらのあてぶりに輪行袋を跨線橋の途中から持ってもらって間一髪列車に乗る。

糸魚川では、前日の途中からゆるんでしまったクランクのボルトを締めるため、ホームセンターを探して8㎜のアレンキーを購入。4,5,6㎜は、持っていたが8㎜は持っていなかった。
糸魚川から、県道と8号線を少し走り頚城自転車道に入る。
これは、旧鉄道線路をサイクリングロードにしたもの。直江津のすぐ近くまで32㎞続く日本でも有数の自転車道だ。途中は少し歩道と重なったりしているが、海沿いに8号線と並行している。
この日は追い風。10m/秒程度の風が吹いている。数人のサイクリストとすれ違うが、糸魚川方面へ向かうのは向井風で大変だろう。
日本海の景色と、煉瓦つくりの鉄道トンネルを楽しみながらビュンビュン進む。
最後は、直江津海水浴場にでて、県道を行くと直江津駅。

走行 20.3㎞+49.7㎞ 計70㎞ グロス平均 15km/h 獲得票湖400m 

この日は、六日町-水上-高崎-大宮-武蔵浦和-西国分寺-八王子 と乗り継ぎ帰宅。

特急にのらず輪行で、宇奈月まで交通費11000円程度でした。

3日間通算走行 206.5㎞ 獲得標高 2138m

まあ、親不知以外は楽勝サイクリングでした

Img_0154-1

Img_0155Img_0156Img_0157Dsc03384-1
Img_0159-1

Img_0160-2

|

« 信濃大町から直江津 その2 | トップページ | 終末のサイクリングとボルダリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信濃大町から直江津 その2 | トップページ | 終末のサイクリングとボルダリング »