« 信濃大町から直江津へ その1 | トップページ | 信濃大町から直江津 その3 »

2020年10月30日 (金)

信濃大町から直江津 その2

さて、土曜日は白馬五竜から宇奈月温泉まで。
夜にまた降り出した雨もやみ、夕食に続き満足な朝食も済ませてペンションを後にする。
天気予報は、午後から日本海側の雨を告げている。考えてみたら、木曜までの天気予報では土日の晴れを伝えていたが、どうやら、雨は避けられないようだ。
ということで、当初色々検討した148号のトンネル迂回も、距離が長くなるので仕方ないがあきらめてなるべく早く宇奈月に着くように距離優先で行くことにする。
とはいえ、できるだけトンネルは避けたいが…

結局、避けたトンネルは、戸沢トンネルのみ。

トンネル地帯を抜けると快晴。しかし、日本海の報に黒雲の壁が見える。
靑海まできて、昼の休憩をコンビニでとっていると急に雨が降り出す。
雨具は、町用としているレインジャケットのみ。それを着て8号線絡みに走りだすが、そのうち国道8号しか道がなくなる。交通量はそれほど多くないが、トラックが多く車は塊で横を通っていく。防雪トンネルがあるとホッとするくらいの雨だ。
親不知は、自転車道があるので少し楽だ。休憩所で少し休む。水平線が雨で分からないくらいの降り方に、風が加わる。
親不知から8号線をくだり。途中から県道朝日・宇奈月線。宇奈月まで16㎞。12㎞、10㎞と数えながら、寒いと口にしながら走る。
”う”とかかれた道標を追って、少し登り雨が小降りになってくる頃ようやく宇奈月着。
ホテルで、2年ぶりの顔や10数年ぶりの顔に会い。温泉を浴びてようやく人心地着く。

コース
白馬五竜-スキー場-国道148-旧道-国道148-靑海-国道8号に沿った道―国道8号-親不知-国道8号ー県道朝日・宇奈月線-宇奈月温泉

走行110.3㎞ 休みを含むグロス平均14.0km/h 獲得標高1302m
Dsc03362Img_0142

Dsc03364Dsc03366-1

Dsc03373Dsc03370-1

Img_0150-1Img_0153-1

|

« 信濃大町から直江津へ その1 | トップページ | 信濃大町から直江津 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信濃大町から直江津へ その1 | トップページ | 信濃大町から直江津 その3 »