2020正月の句ーあらためて正月

立春も過ぎ、2020年も旧正月。
寒の戻りでこのところ寒い日々ですが、日本海側ではようやく雪が降り出したという報道です。
暖冬というか温暖化というかは、見方の違いですがヒトの行動が影響している程度は、少なからずあると言わざるを得ないでしょうね。もっとも、火山の大規模噴火でも起きれば、もっと急激な気候変動が起きるでしょうが。。。

暖冬は季語(冬ぬくし)だが、温暖化による季節に合わない気温や天気は季語にはならない。

探したらこんな句が

 暖冬を異変とせざる説も佳し 相生垣瓜人(明治草抄)

こんな句も

 暖冬の巻かぬ白菜あちこちと 戸田 利枝

では、

 暖冬を恋ひ背の円きひと何処 石人

新暦になったときは、こんなだったらしい

  道ばたに旧正月の人立てる 草田男

で、

 旧正月青よりも赤よろしかり 石人

Imgp5496-1_20200207152101瑠璃鶲は夏の季語ですが…
Imgp5490-1_20200207152301梅に瑠璃鶲







コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。