2020卯月の句

5月は風の月。といいたくなるような強い風が吹く日が続きます。天気図を見ると高気圧に覆われていても風が吹く日がある。ということは、海風がこの多摩地区まで影響しているということでしょうね。もっとも、湘南海岸まで50㎞程度なので当たり前か。

COVID-19新型コロナウィルス禍で、外出自粛の黄金週間(都知事は、家に居よう週間と言っていたが…)が終わり、多少は3密を避ける効果が出てきているようだが、外は晴れていても、気持ちが暗い世の中です。

五月といえば、

 目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹 修司

 落葉松の空の濡れをり聖五月 まり子

 地平線まで吹き抜ける風五月 汀子

駄句即吟集より 

 銀輪のどこまでも行く聖五月 石人

 林間に陽の斑の揺るる聖五月 石人

Dsc03236-1
Dsc03233



コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。