2020年11月 2日 (月)

終末のサイクリングとボルダリング

10月最後の土曜、11月最初の日曜は、自転車とボルダリングに行った。

自転車は、昼に少し整備し出かけたのは14:00頃。

コースは、夕暮れが近いと少し肌寒かったので近場の平地。

自宅から淺川土手、ひよどり山トンネルから多摩サイ、聖蹟桜ヶ丘から再び浅川土手、湯殿川から自宅。

走行 48.1㎞ 平均21km/h 獲得標高 260mでした。
Dsc03391-1
Dsc03392-1  

Dsc03397-1

さて、日曜は、久しぶりにN君からどこかへ行きたいとの連絡がありそれではと午前中のヨガの後に五日市で待ち合せてとりえず、前回増水で取付けなかった北秋川へ。支度をして橋の向うのエリアへ行ってみるとまだ水が取りつきにある。
気分をそがれて、あっさり敗退。
どうしようかと車を動かしながら、人のいなさそうな裏御岳へ行ってみることにした。
裏御岳に着くと、車は2台のみ。これなら大丈夫と支度をして、最初はおむすび岩に行く。
ねらいは、初段の課題。わたしは恐らく10年ぶりかそれ以上間が空いている気がする。
結果は、2手目の薄カチから先へ進めず。100年前と一緒。
Dsc03403 その後、川の護岸の岩を見に行くが、下地が大きくえぐれていて、土手沿いのアプローチ道は消失。ちょうど5名ほどが岩を見に来たので様子を見ると、一旦丸太を伝って対岸へ行き、再度丸太で岩に戻るようだ。

そこまでして登る(というか触る)気はないので、下流へ。
いくつかの岩があるエリアで、ドボク一級/初段をさわる。これは、初めて触る課題。しかし、下地が急で湿った粘土質のため、マットに立つとそれだけで滑ってしまう。
何とか、最初の3手ほどの簡単な部分をこなして、次の一手がなかなか止まらない。結局N君も私もそこで終了。

まあ、久しぶり(新型コロナウィルス禍で半年以上岩に触っていない)に難しいものです。

Dsc03405

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

秋川ボルダ-

土曜にインターネットの情報(RCT)を見て、秋川ボルダーに行ってみた。
まずは、北秋川に分岐して最初にあるボルダーを見に行く。
道ばたの道路外の広いところに駐車して、橋の手前のバス停のところから川に下りる。急な踏み跡はあるが登りかえしは結構大変だろうと思いながら川に下りる。
川はまだ結構水嵩がある。とりあえずマットと荷物を置いて少し下流のボルダーを見に行くが、下地が濡れていて余り触る気がしない。Dsc03334橋の下のボルダーは何とか登れそうだが、ちょっと雰囲気が悪く上る気がしない。
Dsc03335 橋の上流に、この地域の看板課題があるが、下地は水と濡れた砂で、課題もホールドに水がたれている。
結局、この場所は諦めてとにかく道路に上がろうとしたが、少し登っただけで踏み跡を見失って、無理やり藪を漕ぎながら上がるが、背中のマットに枝や蔦が絡んで全く進めなくなる。仕方がないので短い距離の事もありマットを背中から降ろして自分の前の斜面に投げるようにして少しずつ上る。
その後は、藪漕ぎで絡んだ草や小枝、枯葉を掃除して先ほどの橋を渡って対岸のボルダーを見に行く。こちらは遊歩道があって、歩くには問題ないが、やはり水量が多く岩に取付けない。Dsc03340

次に、さらに上流の場所を見にいってみる。多分状態は同じだろうと、マットは車に残して靴などをもってぶらぶらいく。こちらは会談で河原まで下りられるが、やはりボルダ-は水没していて取りつくことができない。Dsc03344-1

帰りは、千足から懐かしいつづら岩方面に散策。昔と異なり急坂の舗装道路が、つづら岩と天狗滝の分岐のすぐ下まで続いていました。途中には公衆トイレもあり、ログハウスも建っていてい昔の感がありました。
つづら岩は遠慮して、天狗滝まで行くと妙な掛け声が聞こえ、若者が10名くらいいた。聞いてみると滝行をやっているとのこと。なんだか、変なことがはやっていますね。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

新型コロナウィルスと3連休

パンデミックという言葉は、以前読んだ本にありそんなことはないだろうと思っていたが、WHOはCOWD-19という疾患をパンデミックとした。
今日はオリンピックの延期が決定した。

というわけでもないが、春分の日を含む3連休は、人込みを避けて外出。まあ、いつも同じですが…

金曜(春分の日)は、サイクリング
コースは、
自宅-大垂水峠-相模湖-若柳-阿津-三ケ木-津久井広域道路-川尻八幡-法政大学-自宅

走行44.2㎞ 平均19.0km/h 獲得標高752m

この日は西風が強く、大樽向峠の下りも向かい風でペダルを踏まないと自転車が止まりそうになった。横風ではハンドルが取られてふらついてしまう。
Dsc03134-1Dsc03136

土曜は、とある岩場へ。
風邪は岩に遮られ、暖かく岩も乾いていたが、力のなさはいかんともしがたく。
何もできずに帰宅。
202003211359202

日曜は、近所の桜を見に出かける。
都心は満開のようだが、近所はまだ3分咲き。途中まで家人と一緒に行き、別れてからはひたすら歩く。
14000歩、9㎞です。

おかげで、駄句がいくつかできた。
Imgp5573-1    






 

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

いつもの岩場

日曜に、いつもの岩場に行った。
行くと、すでにKさんが来ていた。その他、4,5名のグループと外国人が一人。
メインの岩場で少しアップして、下の岩場に。いつもの課題をやるが、いつものところがまさに課題で少しも進まず。
そこへ、Tさんもやってくる。Tさんは四段のプロジェクトを終えたのでのんびりとしている感じだ。

Kさんは、下の岩のさらに下にある小さめの岩のシットダウン初段を打ち込んでいるが、難しいようだ。

私は、いつもの課題を何回やっても進まず、疲れて来たのでKさんに合流して同じ課題の立ちスタート1級をやる。Tさんも側にいて色々とアドバイスをくれる。
これは、初手を止めて2手目が少し振られるのだが、そこを止めればあとは何とかなりそうだ。しかし、いつもの過大で右手の指が痛く、手が痛がってきちんと止めることができない。

まだ、あと今シーズンも一、二回は出来そうなので、次回はこちらからやって行こうと思う。

 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

とある岩場のとある課題2

3月1日の日曜に、とある課題をやりにとある岩場に。
先週は、初手取りに苦労し一回だけ止めることができたが、この日も初手取りに苦労する。確率は20%くらい。計5回止まったが、課題設定者のTさんが言う通り、2手目が取れません。
初手を止めた右手で体を引き上げるのはなかなか難しく、右足を上げて体を固定しようとしても左足の踏み込みが弱いためか、左手を上げようとすると足が滑って落ちます。

完登の動画を見ると、2手目は左足一本で左手をランジ気味に飛ばして取っていますが、私は右手の引きつけも、左手のリーチも足りない??右手をしっかり持ちなおそうとして落ちたこともあって…
自分の写真を見ると、右足を上げても上手く踏めていないので右足を上げて左足を切って左手出しをしたら良いのかな?

また来週。
202003011631213

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

とある岩場のとある課題

2月の3連休最終日、世の中は新型コロナウイルスの話題で持ち切り。正直言って自分の周囲ですぐにどうこうなるとも思っていないのだが、かといって安心ですともいえない。
新型コロナより昨年はやりだしたインフルエンザの方が怖ろしい気もするが、いずれにしろ人込みは避けるの賢明だろう。
ということで、人のいない岩場へ。とおもったら、岩場の下の道路上に車が何台も停まっている。しかたなく、少し離れた場所に駐車。
道路からすぐの大きな岩に、人が何人もいて、岩に注連縄様のものを着けたりしている。(帰りがけにはもっと人が多くいて、道からライトを照らしているので、何事かと聞くとTさんの言う通りテレビのロケだとのこと。)
これはいわばはどれだけ混んでいるのかと気をもんで登っていくと、何だか人はいるが多くはない様子だ。
いずれにしろ、自分はメインの岩の下の岩場で、前回の続きを行う準備。

そうこうしているうちに、上の岩から一人おりてきて、自分のやっている課題名を聞かれるたので、少し話をする。その人は指皮が無くなってもう帰るとのこと。

自分は、何回かやるうち少しは距離が出てホールドを触れるがどうも止まらない。すると、Tさんがやって来たので、互いの昔の話をしたりする。
その後Tさんは、上野岩場に行ったので、とにかく、今日は一手目をとらなければと、また少し打ち込んでやる。上からTさんも降りてきて、自分んがトライするのを見てくれる。
そのとき、ようやく行ってもをとることができた!

その後は、力が出なくて再現は出来なかったが、ホールドを保持した感覚が判ったので、また今度来たらできるだろうと思う。Tさんは、2手目が結構取りづらいと言っていたが、このシーズン中になんとか登りたいものです。
写真は、一手目が取れなかった時のもので、これを見ると腰が少し後ろに行っているのが良く判ります。これではだめだな。
この後、左足をしっかり踏み込んで抜けないようにしないと止まらないことに気が付いて、そうしたら止まったのです。
 
20200224142346-1
その後は、上野岩場に行ったが、ホールド欠けて難しくなっていて、少し絶望的になって帰りました。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

先週・今週の岩場

先週日曜は、某所にKさんと行った。

そこは、とある岩場の尾根一つ隔てた谷。
Kさんに案内してもらい、駐車場から歩き出す。実は、私も、依然行ったことのある谷だが、Kさんが掃除した岩に、3級から初段のラインを引いたとのこと。

初段のラインは、苦手なムーブでスタートできず。途中からスタートしてさらに易し気な手順で登って4級位。
Dsc03051
1級のラインは、なかなか難しく敗退。その後、同じエリアの前から気になっていた岩を教えてもらう。カッコ良い岩だが下地が沢状で岩が出ているのと、岩に昔のボルトが打たれていて少し興ざめでした。
Dsc03052  
その後、とある岩場に移動して日暮れ近くまで遊んで帰る。

今週末は、土曜にとある岩場へ。
岩場には、若く強い先客が2名。
私は、先週の続きを触るが進歩なし。
そこへ、この岩場で開拓を行っているTさんが現れる。Tさんは下の岩場でプロジェクトをやっているとのことなので、その横の1級のラインをやらせてもらう。

これも、出だしが私の背丈だとランジ気味に取る一手があり、Tさんに色々アドバイスをもらうが結局叩くだけで止まらず(あと3㎝位)敗退。
上の岩場に戻り、初段と2段を触るが、一手目が止まらないまま、夕べの鐘が鳴ってしばらくで帰る。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

午後の岩場

日曜午後に、とある岩場に行った。
ここは、何時も空いていてこの日は誰もいなかった。
しかし、課題は1級から3段と私には少し難しいものばかり。さらには、指が痛い課題ばかり。
しばらく遊んでいると、この岩場の開拓をしているTさんが現れた。この岩場のほとんどの課題はTさんが初登。現在下の岩場で開拓中の終ればほぼこの岩場は終了かと言っていた。
何しろ、私がこの日も全然進まなかった課題を、ウォーミングアップにサブマット一つで登ってしまうのだからすごいです。

岩場に着いたときは、木漏れ日が少し暖かかったが、4時ころには寒くなり終了。
また来よう。

Dsc03050

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

YMYボルダ―

一月の三連休初日の土曜に、YMYボルダーに行った。
金曜に、仕事先の新年会がありホテルに泊まって翌日少し飲みすぎの感はあったがまあ良しとした。
ホテルで少しのんびりして、ボルダーに着いたのは10時過ぎ、割れた卵岩に先行者がいたので、少し話す。その人は山梨の人だが少し離れた地域の人で、暖かなで静かな岩を求めてやってきたようだ。わたしが上の岩場に行くというとあまりよく知らないので少し案内してくれないかということで、一緒に上まで行く。
とりあえずは、遊歩道で上がり、途中の以前登ったことのある岩、東屋手前の岩などを教え(?)る。
東屋から、岩のエリアに行くが方向を少し間違えて一旦荷物を置いてうろうろする。
結局、以前触ったことのある3級の岩を見つけ、位置確認。2段のルーフとその横の4級2級の岩を紹介(?)する。

その人は、割れた卵岩に戻るというので後で私も行くといって、少し上の岩を触る。 Dsc03020-1
簡単そうな岩にシットダウン課題を設定してやってみる。だが、直上の上部が、なんだかホールドだらけのわりにのペットしたホールドで、結局右の棚に足場をとって右抜けで、6-7級として終了。直上で4-5級程度です。
割れた卵岩に戻ると先ほどの人が居たので、webに出ているトポを見せてもらい、3級、2級と触る。Dsc03021-1
しかし、結果はうまくいかず。4時くらいに終了して家に帰る。
Iさんありがとうございました。


 

| | コメント (0)

YMYボルダ―

一月の三連休初日の土曜に、YMYボルダーに行った。
金曜に、仕事先の新年会がありホテルに泊まって翌日少し飲みすぎの感はあったがまあ良しとした。
ホテルで少しのんびりして、ボルダーに着いたのは10時過ぎ、割れた卵岩に先行者がいたので、少し話す。その人は山梨の人だが少し離れた地域の人で、暖かなで静かな岩を求めてやってきたようだ。わたしが上の岩場に行くというとあまりよく知らないので少し案内してくれないかということで、一緒に上まで行く。
とりあえずは、遊歩道で上がり、途中の以前登ったことのある岩、東屋手前の岩などを教え(?)る。
東屋から、岩のエリアに行くが方向を少し間違えて一旦荷物を置いてうろうろする。
結局、以前触ったことのある3級の岩を見つけ、位置確認。2段のルーフとその横の4級2級の岩を紹介(?)する。

その人は、割れた卵岩に戻るというので後で私も行くといって、少し上の岩を触る。 Dsc03020-1
簡単そうな岩にシットダウン課題を設定してやってみる。だが、直上の上部が、なんだかホールドだらけのわりにのペットしたホールドで、結局右の棚に足場をとって右抜けで、6-7級として終了。直上で4-5級程度です。
割れた卵岩に戻ると先ほどの人が居たので、webに出ているトポを見せてもらい、3級、2級と触る。Dsc03021-1
しかし、結果はうまくいかず。4時くらいに終了して家に帰る。
Iさんありがとうございました。


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧