2020年11月30日 (月)

11月 紅葉狩り

この季節は、毎年家人と紅葉狩りに出かける。といっても大したところへ行くわけではなく、近所の少し紅葉で有名なところへ日帰り或いは半日出かけるだけだ。
今年は、先々週の日曜に飯能の東郷公園・秩父御嶽神社にいき、先週は綾南公園、夕焼け小焼けの里に出かけた。
さらに、11月最後の日曜は高幡不動へ。
家人は、桜と紅葉に特別な興味があり、まあ他にも春の花の咲いている公園、薔薇園や秋の花野にも興味があるのではあるが…

さて、東郷公園はとても興味深い公園だった。
なにしろ、東郷平八郎を記念して開かれた公園と木曽御嶽の分社が一体となっている。
386段にもわたる石段を上がると、御嶽神社の本社がある。
なかなか、きつい登りで家人は、階段を避けて山道を上がって参拝。わたしは、階段で一度上がり山道でもう一度上がった。
さて、日露戦争は長州閥が日本の国力を顧みず仕掛けた戦争で、これにかろうじて勝ったものだから、第二次世界大戦までつながったということだとの歴史認識を私も支持しますが…なにしろ東郷さんです。

さて、陵南公園は、元々大正天皇陵の南にある公園だから陵南。
そこへ行くと夕焼け小焼けの里は、恩方という八王子でもはずれにある場所に作られた都立公園。

高幡不動は、紫陽花も有名だがイロハモミジなども植わっており、結構見後に色づく。といっても、時期を選ぶ必要があり、昨日は落葉とまだ緑色の葉がある木ということになってしまった。

まあ、紅葉に天然の色以外は有りません。
以下、写真だけでも…

東郷公園・秩父御嶽神社
Imgp5928-1東郷公園入口

Imgp5935-1 戦艦三笠の砲弾と水雷

Imgp5936-1
戦艦三笠甲板

Imgp5946-1
秩父御嶽神社本殿

綾南公園・夕焼け小焼けの里
Imgp5966-1Imgp5970-1
綾南公園を流れる淺川
Imgp5972-1

Imgp5988-1 竜胆が咲いていた
Imgp5987-1
Imgp5985-1
夕焼け小焼けの里の紅葉

高幡不動
Imgp5998-1Imgp6002-1
Imgp6003-1
Imgp6005-1

境内八十八か所の内「第三十番」

地蔵尊の真ッ赤な帽子冬紅葉 石人



 

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

先週のサイクリングと梅見

2月11日建国記念日は、午前中にサイクリング。午後は家人と梅見に行った。

サイクリングのコースは、

自宅-湯殿川-浅川-多摩サイ‐関戸橋‐多摩サイ‐16号‐ひよどり山トンネル‐16号‐湯殿川‐自宅

走行41.7㎞ 平均20.7㎞/h 獲得標高417m
でした。
Dsc03056-1

午後は、近所の公園に梅見。

残念ながら、梅はまだ開花がちらほら。
さすがに暖冬といっても、2月初めに咲いている梅は少ない。

Imgp5538-1

Imgp5545-1  
Imgp5542
Imgp5551-1 メタセコイアの並木に少しの芽吹き


| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

探梅行

大寒も過ぎ、段々暖かさを期待する春隣の季節だが、どうも今年は早くも菜種梅雨のような雨勝ちの気候が続く。

先日の日曜は、良く晴れた日だったが前日に雪が降ったので、予定していた岩に行っても濡れていて登れないだろうと考え、家人と探梅行にいった。
場所は、家からほど近い津久井湖城山公園。
ここは、遊歩道が整備され雨のあとでもぬかるんだ道を通る必要がない。人工的といえばまさに人工的なまるで橋を辿るようなところだが、まあ良しとしよう。
梅は、紅梅がチラホラと咲き出していてまさに探梅に相応しい。
梅の木にはルリビタキもやって来ていた。
しかし、あまりにそれらしく句ができません。
Imgp5490-1
Imgp5491-1
Imgp5496-1
Imgp5498_20200123171701




 

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

新宿御苑

先週の日曜に、家人と新宿御苑に行った。
結婚前に入った記憶があるが、その後の記憶がないのでまったく何年ぶりだろうか?

ちょうど、冬紅葉が盛りで新宿門から入ると、人だかりがすごい。さすが新宿。
入ってすぐのカフェ(?)で遅めの昼食。私はその後の予定があったので、軽くホットドッグ。これが結構おいしい。
御苑内を散策。いくつか句をノートに書く。

日が傾くとさすがに暖冬でも少し寒くなってきた、と思うと閉円時間。

高齢者料金でちょっとした散歩は良かったです。

Dsc02943-1
Dsc02946-1

 輝ける白髪の人枯葉散る
 料理店の窓いつぱいに舞ふ枯葉
 乳母車押してジョギング枯葉散る



| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

名栗湖へ 名栗湖へ

これも先月の話。
紅葉を求めて家人と名栗湖へ行った。

高速は使わず、五日市街道-成木街道をへて名栗川沿いに。
名栗湖のダム上の渡って南岸へとい行くが、台風の影響が残り道はぬかるんでいる。結局カヌー工房まで行かずにダムへ引き返す。
ダムの付近の土産物屋で蕎麦の昼食。
近所を散歩して、帰路につくがせっかくなので、少し寄り道をして飯能の諏訪八幡神社で御朱印をいただく。

Imgp5294名栗湖畔の紅葉 Imgp5300同じく名栗湖畔の紅葉 Imgp5307_20191202204201名栗湖は台風の影響で濁りがひどい、が水面はきらきら Imgp5314_20191202204201飯能 諏訪八幡神社

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

これはもう一月前の事 秩父旅行

これはもう一月前の事。

友人の家族と秩父旅行に行った。時は、紅葉の頃。
秩父の3社(寶登山神社、三峰神社、秩父神社)に行き、長瀞の川下り(台風の影響で、この日が再開の初日)、宝登山に登り、温泉と名物料理を食べてのんびりした旅行だった。

三峰神社では、友人が寶登山神社 で 集めていた 御朱印に興味を持ち御朱印帳を購入。また趣味が増えました。

写真をいくつか…

Imgp5127-1寶登山神社本殿
Imgp5129-1銀杏紅葉と神社本殿
Imgp5141-1長瀞川下りにて
Imgp5155-1_20191202195201寶登山山頂から武甲山
Dsc02919-1寶登山神社奥社
Imgp5163-1三峰神社鳥居
Imgp5170-1三峰神社隋神門
Imgp5184-1三峰神社の紅葉
Dsc02920三峰神社にあった句碑 月光の真木降りて来る観月会
Imgp5202-1枯れすすきと紅葉
Imgp5210-1秩父神社楼門
Imgp5212秩父神社本殿

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

陣場山

11月3連休最終日、陣馬山にハイキングに行った。
相模湖駅まで電車。少し行ったコンビニで昼のおにぎりを買って、輿瀬神社から登りだす。結構な急登だ。
しばらく行くと展望台となり、さらに行くと尾根に出る。
途中、陣馬山トレイルの印が出てくる。11月10日にトレランがあるようだ。
林道を越え、少し急登をこえると明王峠に到着。途中2箇所ほど道が崩れていたが、難なく通過。
おにぎりを一つ食べて、陣馬山へ。
陣馬山で、写真を撮ったり景色を見て下山。
どのコースで帰ろうかと思っていたが、山小屋の主人が、陣馬高原下には先日の台風の影響で道が崩れ、バスがまだ来ていないと言っているので、時間も昼を過ぎていたので藤野へ下ることとした。

コース 相模湖10:00-輿瀬神社10:30-明王峠12:00-陣馬山12:30-藤野14:50

Imgp5075-1

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

名古屋城本丸御殿

仕事で知多に行った。仕事は午前中で終了。午後、名古屋城に行った。名古屋にはこれまでも仕事で何回も行き、名古屋城も朝早くや夜に行ったことはあるが、当然城内に入ることは出来ない時間なので周りを巡るだけ。
今回は、初めて昼間に行ったので500円を払って城内へ。そこで、ボランティアガイドのKさんに声を掛けられる。案内をしてくれるというがあまり時間がないのでというと、時間に合わせて頂ける、一人でもかまわないとのお言葉に甘えて案内をしてもらう。

名古屋城は、徳川家康が築城。20の大名に命じ約2年で石垣を作ったなどとの説明を聞く。石垣は、急増なのであまり大きな石は使用されていない。名古屋城は城郭建築の後期なので、いわば最終形となっているなど興味深い話を聞く。

まずは、二の丸について、本丸は出来上がって5年しか使われず、その後は2の丸が使われたとか、明治になって庭園も埋められ軍の兵舎が建てられたとかの説明を聞く。

厩出しや搦手門、右の櫓には攻撃のため突き出しているが左側はそうではない。それは、右利きの人は右から攻めやすいからとのこと。

Imgp5027-1

本丸御殿に入り、座敷の格式や襖絵の説明(一箇所だけ、建造当時のものが展示されていた。)
本丸御殿内の座敷の序列や、欄間の透かし彫りに序列が反映されている(下級の座敷は、後ろ姿上級の座敷は前からの姿)など、色々教わり一人で見たのでは判らないことばかりであった。
Kさんありがとうござ

 

いました。

 

Imgp5052-1Imgp5047-1Imgp5057-1

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

棒の折山ハイキング

土曜日に棒の折山に行った。

この日は、大学時代のクラブのOB山行があり、棒の折山に行くことになっていたが、皆が行くコースは少し短いので自分だけ御嶽駅から縦走することにした。
御嶽駅に8:04着のホリデー快速で到着。惣岳山へ向かう人はほとんどいない。登り口を見落として少し行き過ぎてから戻る。しばらく行くと先行者が2人。後からトレランの2名が来る。トレランの一人が下ってくる。他にはあまり人に合わない。
棒の折山に12時には着きたかったので、惣岳山山頂はパスして高水山方面から巻いていく。途中、林間に立派なボルダーを見つける。Dsc02663-1_1

岩茸石山には、10時ころに到着、数人の登山者がいる。ここで、持ってきたパンとチーズで軽食。黒山を目指す。岩茸石山の下りは短いが急だ。Dsc02667-1
さらに、黒山まではそれぞれは短いが結構な上り下りがある。黒山に到着すると、そのまま棒の折山へ。棒の折山に11:45に到着。御嶽駅から少し迷ったのを差し引くと、3時間30分かかったことになる。

Dsc02676-1_1 棒の折山でしばらく待つと、OB山行の一行がやってくる。一緒に昼食をとり記念撮影して下山へ。ところが、岩茸石まで下ったところで、山頂にカメラを忘れたことに気づき登りかえす。200mほども登りかえしだ。
結局、山頂を先の下山から一時間遅れとなる。なんのことはないOB山行は、山頂の昼食と山頂から岩茸石までの下りのみ。
OB山行の一行は、岩茸石から沢沿いの道に下りたようだが、私はそのまま尾根伝いにおりていく。途中舗装された林道に出て道が判らなくなりそこにいた人に道を聞く。皆さんさわらびの湯へ行くということだけ聞いていたので川又へ行けばよいと聞きとにかく下る。これも結構急な下りが続く。
早蕨の湯で、温泉に入らずバスを待っていた一部のOBに出会う。

まあ、結構よく歩きました。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

4月の事

4月は、色々とあったがブログ更新をしていなかったのでとりあえず出来事だけ。

 

4月6日は、元ソシオ向けの券を買って家人とFC東京・清水戦を見に行く。
3年ぶりの味の素スタジアム。試合は、逆転勝利。
今年のFC東京は強いと言ってい良いのか⁇

4月7日から13日 インド チェンナイに出張
予定では、一日くらいは仕事がないhがあると思っていたがそこは現場作業、予定通りにはいかずホテルと仕事先の往復で月曜から金曜まで終了。ホテルに戻るのも大体午後7時過ぎ。昼間は暑い外仕事なので汗だく。ということでほとんど何も見物できませんでした。

4月20日は、インターネットで見つけた(というのか)とあるボルダーにKさんと行った。高速を使えば家から1時間半くらいで着く、割と近場。まだ、インターネットに公開している人が開拓中で、岩の数は多いが、課題数は少ない。
Kさんは、某有名ボルダラーの設定した一級初段を登るが、私は同じスタートの4級も登れず。

4月21日は、家の周りを少しサイクリングして、家人と相模原公園へ。ちょうどフラワーフェスティバルというのをやっていた。もっとも時間が遅めだったので催し物は終了後。

4月28日は、サイクリング

自宅-湯殿川-高尾-多摩御陵前-川原宿-戸板峠-秋川街道-小峰峠旧道-秋川街道-吉野街道-羽村取水堰-多摩サイ-16号-ひよどり山トンネルー浅川土手-めじろ台-自宅

走行60㎞ 平均18.8km/h 獲得標高 927m

帰りは向かい風がひどく、相変わらず遅いです。

4月29日 先週に続きとある岩場へ。一人なので往きは道志みち-山中湖経由、帰りは都留から大月へ出て20号-裏道を使用。往復5時間だが渋滞は有りません。
登りは、なんて下手なんだろうというばかり。3・4級は登れません。

写真はあとでアップ。

何とか平成中に書くだけ書いたという感じです。


 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧