過去の駄句 其の1

昨年までの駄句のいくつかです。

去年今年機中睡眠数時間

からす啼き小鳥さえずり初日の出

冬空に思いはいつか宇宙項

冬朝日傷みし靴も輝きて

寒梅をかぎて登るや帰還兵

寒明けてア・ハードデイズナイト再聴す

猿橋や近く遠くの山笑ふ

春の月風吹き残る家路かな

麦秋や笹子餅食む旅路かな

 春の彼岸

独り来て車窓に映る墓と梅

なたね梅雨浜崎あゆみの眼にひかり

 暗雲の縁朝陽に輝き鳥の声常より高し樹幹は薄緑輪郭明瞭なり

花水木ビリー・ホリデイ艶やかに

片影に車を停めし野菜売り

白昼やデ・キリコの影蝉の声

雨やみて踏音高し夏日差し

峠超え銀輪に映ゆ龍田姫

野分明け吹き寄せられし青きいが

野分去り少女朝栗拾いおり

晩秋の風富士の影磨きおり

免税店スカーフを買う聖誕祭

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/47320708

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の駄句 其の1:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。