2011葉月の句

九月になりました、というか8月の末から日本に近づいた台風が9月になってようやく過ぎて行きつつあると言ったほうが良いようなこのごろです。
私も、先週金曜は山梨に言っていて甲府から乗った電車が途中で止まり、家に帰ることができなくなって何とか甲府まで戻ってホテルに泊まったり。。。もちろんそんなことはもっと多くの犠牲に比べれば何をかいわんやですが。

即興吟ですが

社中泊無精ひげあり野分かな

坂道に小枝大枝野分かな

台風や過ぎてなほ降る小ぬか雨

先日高尾句会の人たちと吟行に言ってみた秋海棠
Ts3h0350_2   先日読んだ永井荷風の断腸亭日乗の由来となった断腸花ですね。




















吟行ではなかなか良い句ができず、あとで合評の際にそう直せば良かったのにと言われた句
空襲の話訥々秋桜







トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/52657816

この記事へのトラックバック一覧です: 2011葉月の句:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。