駄句帳その弐

過去と最近の駄句です。

まずは色っぽいものを作ろうと思って出来たのがこんなところ。

春浅しタイトスカートにピンヒール
早春をカツカツと踏むピンヒール
春寒し階段登るピンヒール

俳句は難しい。
戻り梅雨書き散らしたる句帳かな

昨年姫路城にて
春の月にライトアップの城の壁
姫路城風吹き止みて春の月

車中吟
しゃべりだし止まらぬとなり鳥曇
窓曇り青赤ネオンと春の雪



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175362/47878912

この記事へのトラックバック一覧です: 駄句帳その弐:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。